ベイビューアセットマネジメントの投資を解説!最低投資額や評判も公開!

ベイビューアセットマネジメント アイキャッチ
Pocket

ベイビューアセットマネジメントへの投資に興味があるのでもっと詳しく知りたい!

おすすめの投資先でベイビューアセットマネジメントを紹介しているところがあるけど、利回りや手数料など、実際に投資したときのイメージが沸かない…

ベイビューアセットマネジメントは公募と私募のいくつかのファンドがあるので、どれを選んでいいかわからない…

そんな悩みを抱えているあなたに、是非この記事を読んでみていただきたいです。

こんにちは、ヘッジファンドオンライン編集長の五条です。

今回は「ベイビューアセットマネジメントの投資」をテーマに、6つの項目に基づく総合評価をお伝えしつつ、投資の始め方から出金まで詳しく解説していきますので、参考になさってください。

ベイビューアセットマネジメントの総合評価

ベイビューアセットマネジメント 評価

総合評価

3.5
評価項目 評価 コメント
リターン
3.0
普通
リスク
3.0
普通
信頼性
4.5
高い
手数料
3.0
普通
最低投資額の低さ
2.0
高い
手続きの手軽さ
4.0
比較的簡単

リターン 評価: 3.0

ベイビューアセットマネジメント 金融商品 一覧

上記の画像のように、ベイビューアセットマネジメントではいくつか商品を扱っています。

これでも一部の主要商品で、ほかにも提携先のファンドの商品も含めて数十にわたる取扱があります。

なのでリターンを一概には言えないですが、期待リターンは年利数%~20%ほどです。

リスクをどれくらい取れるかにもよるので、変動幅が大きいものだとマイナス20%になることもあればプラス40%になることもあり得ます。

また、画像でがついているものは、新規の募集が止まっているものです。

これは運用手法によって、その対象となる市場規模が運用資産規模に対して十分に大きくないと新規で受け付けない、といったような形です。

リスク 評価: 3.0

ベイビューアセットマネジメントの投資のリスクは普通と評価します。

種類が多いので一概には言えませんが、提供されている商品によってはリスクが低いものもあれば高いものもあります。

リスクと一言でいっても価格変動リスクや流動性リスク、為替変動リスクなど多岐にわたります。

また、投資においてリスクというと標準偏差を示すことも多いです。

ここではわかりやすく、投資をする上で成功しやすいものの点数を高く、失敗しやすいものの点数を低くしています。

例えば債権での運用だと、基本的にはリスクは低くなりますがリターンも大きくは望めません。

また、株式に投資しているものでも、ロングとショートを組み合わせているもののほうがリスクは低めだと言えます。

中小株のロングだけの場合、タイミングがよければ儲かりますが、コロナショックのように株式市場が全面安になると売却する以外に対抗策がないのでリスクも高くなります。

投資するときには、面談でそれぞれの金融商品について説明を受け、自分の目標やそのために取れるリスクと照らし合わせることが必須です。

また、私募ファンドの場合は最低投資額が1000万円以上になるので、長期間はさわらないと覚悟を決めた余剰金で運用することをお勧めします。

信頼性 評価: 4.5

ベイビューアセットマネジメントは信頼できると言って良いでしょう。

というのも、以下2点の確認が取れているからです。

  1. RSアセット・マネジメント株式会社の創業から数えると20年以上の運用実績がある
  2. 金融庁が公開している金融商品取引業者登録一覧に記載されている

RSアセット・マネジメント株式会社の創業から数えると20年以上の運用実績がある

ベイビューアセットマネジメント RSアセットマネジメント

ベイビューアセットマネジメントの前身となるRSアセットマネジメントは、1998年1月に設立されました。

現在の社長である八木健氏を中心とする経営陣によって、2002年にMBOが行われ、現在のベイビューアセットマネジメントとなっています。

なので当時から見ると20年以上にわたって、独立系の資産運用会社として運営されているという歴史があります。

2020年9月末時点で、従業員65名、契約資産残高3801億円という規模もある会社です。

金融庁が公開している金融商品取引業者登録一覧に記載されている

もう1つ信頼できるポイントとしては、ベイビュー・アセット・マネジメント株式会社は、金融庁が公開している金融商品取引業者一覧に、「第二種金融商品取引業」・「投資助言・代理業」・「投資運用業」を行う会社として登録されています。

ここに登録されているからといって、高いリターンが確約されているというわけではありません。

ただ、登録にあたって金融庁への定期的な報告義務もありますし、日本国内の法律に適した運営がされていることは確認ができます。

以上の2点から、ベイビューアセットマネジメントについては信頼できると判断しています。

手数料 評価: 3.0

ベイビューアセットマネジメントが提供する金融商品に投資して、運用する際にかかる手数料は、主に以下の4つがあります。

  1. 申込手数料:上限3.85%(税抜3.5%)以内で販売会社が独自に定める率を乗じて得た額
  2. 信託報酬:純資産総額に対して上限 年率2.31%(税抜2.1%)
  3. 実績報酬:運用益の20%(ハイウォーターマーク方式、設定されているファンドのみ)
  4. 信託財産留保金:上限0.3%

それぞれについて解説しますね。

手数料①:申込手数料…上限3.85%

まず、契約するタイミングで契約する金額の上限3.85%の手数料がかかってきます。

上限でかかることは少ないですが、契約時に書面にも記載されているので確認するようにしましょう。

手数料②:信託報酬…純資産総額に対して上限年率2.31%

次に、運用中にかかる手数料として年間2.31%の信託報酬が必要です。

これは別途必要になるものではなくて、運用資産から徴収されていくものになります。

なので追加で振り込むといった作業は必要ありません。

アメリカの有名なヘッジファンドだと信託報酬は2%であることが多いので、一般的な報酬体系だと思います。

手数料③:実績報酬…運用益の22%

そして3つ目の手数料は、運用益×22%の実績報酬(成功報酬)です。

運用益が出ていれば22%が手数料として引かれ、運用益が出ていなければかかりません。

この実績報酬は、設定されている商品とされていない商品があるので、申し込む前に確認する必要があります。

また、実績報酬はハイウォーターマーク方式になります。

耳慣れない言葉かもしれませんが、ハイウォーターマークというのは、水位の基準値が上がっていくイメージです。

具体的にお伝えしますね。

例えば1000万円を運用していて、5%の利回りで50万円の運用益が出るとします。

そうすると、その50万円に対して22%の11万円が成功報酬部分の手数料として運営側に徴収されます。

次の期の基準となる元本は1000万+50万-11万=1039万円になります。

それ以降は、運用に失敗して元本が減ってしまったら手数料はかからないのと、そこから1039万円を超えるまでは実績報酬部分の手数料がかからないということです。

一般的なヘッジファンドだと「2の20」といって、信託報酬が年間で運用資産残高の2%・成果報酬が運用益の20%であることが多いです。

五条編集長
五条編集長
ヘッジファンドの一般的な手数料として「2の20」はおさえておくと良いですね。

手数料④:信託財産留保金…上限0.3%

4つ目は信託財産留保金として上限0.3%が引かれます。

平たくいうと解約手数料ですね。

信託財産留保金について補足します。

どの金融商品かにもよりますが、株式や債券で運用している場合、それを換金するために手数料がかかったりします。

また、本来ファンドとしては換金したくないタイミングに換金して損をすることもあり、様々なコストが発生する場合がありますよね。

このコストを、換金する人(解約する人)にも負担してもらうという制度が、信託財産留保金制度です。

信託財産留保金制度は短期売買をできるだけなくし、ファンドの運用を安定させる効果もあります。

その他、選択するファンドによっては以下のような手数料がかかることがあります。

  • ファンドの組入有価証券またはデリバティブ取引等の取引の際に発生する委託手数料および委託手数料に係る消費税等相当額等の有価証券取引に係る費用
  • 売建て(ショート)実行に伴う品貸料等の費用
  • 保管費用、借入金の利息、融資枠の設定に要する費用およびその他管理事務等(含、受益権管理)の費用
五条編集長
五条編集長
手数料で手残りが変わってきますので、表面上の利回りも大切ですが手数料控除後の利回りもしっかりシミュレーションしておきましょう。

最低投資額の低さ 評価: 2.0

ベイビューアセットマネジメントが提供する私募ファンドの最低投資額は1000万円です。

公募の投資信託は取扱金融機関によって数百円から購入できるものもありますが、今回は私募ファンドに絞ってお伝えします。

世界的なヘッジファンドと比較しても同様の基準で、富裕層向けの資産運用先と言えます。

そもそもベイビューアセットマネジメントの顧客は機関投資家も多いです。

機関投資家というのは生命保険会社、銀行、年金基金、政府系金融機関など、顧客から預かっている大量の資金を用いて株式や債券などで運用を行う大口投資家のことをいいます。

個人投資家と比較すると規模が大きく、数億円以上のまとまったお金をベイビューアセットマネジメントなどの運用会社に分散投資しています。

個人投資家にも門戸は開かれていますが、ほとんどが資産家レベルの富裕層になってきます。

五条編集長
五条編集長
投資に関するハードルは高いと思います。

特に退職金の運用など、大きな金額で検討するのであれば、目的や目標をしっかり定めて運用すべきです。

手続きの手軽さ 評価: 4.0

ベイビューアセットマネジメントの金融商品に投資するための手続きは、それほど難しいものではありません。

出資する手順として、まず面談にて投資に関する説明を受けます。

提供されている商品が多いので、まずはどれくらいのお金を、いつまでにどうしたいかといった目標設定はある程度決めておきましょう。

それを踏まえて適切な商品をすり合わせていきます。

商品を決定したら、その場もしくは後日に書面での契約をし、口座開設ののち指定口座への入金を行うという流れです。

ベイビューアセットマネジメントのインターネット上の口コミ

ベイビューアセットマネジメント 評判 口コミ

ここまで編集長としての意見をお伝えしましたが、第三者的評価も気になりますよね。

ここからは、インターネット上の「ベイビューアセットマネジメント」に関する良い口コミや悪い口コミを取り上げ議論したいと思います。

ベイビューアセットマネジメントの悪いもしくは懐疑的な口コミ

ベイビューアセットマネジメントの良い口コミ

ベイビューアセットマネジメントの良い口コミと悪い口コミのまとめ

  • 運用成績が悪いファンドマネージャーが退任させられていた
  • 投資家の指標にされている

Twitterを中心に口コミを拾ってきました。

運用成績が悪いファンドマネージャーが退任させられていた

商品によっては運用成績が芳しくない時期が続くこともあります。

ただ、そういったときにはファンドマネージャーが変更になったりと、ベイビュー側も対策を講じているようです。

長い目で見て真摯に運用してくれるという点ではプラスにも捉えられますね。

投資家の指標にされている

株式で運用している商品も多く、規模が大きいので当然大量保有報告書で名前を見ることもあります。

そういった動きを個人投資家で追っている人もいて、参考にされていることもあるのがわかります。

顧客の大半が機関投資家やかなりの富裕層のため、個人が発信するネット上の口コミはかなり少ないですね。

周りでやっている人も少ないと思うので、投資判断は面談後に自分自身でするしかありません。

以上がベイビューアセットマネジメントに関するネット上の口コミです。

ここからは、実際に投資を始めようと思ったときに参考になることをお伝えしていきます。

ベイビューアセットマネジメント株式会社の概要

ベイビューアセットマネジメント Bayview Asset Management
会社概要
会社名: ベイビュー・ アセット・マネジメント株式会社
Bayview Asset Management Co., Ltd.
本社所在地: 〒102-0082
東京都千代田区一番町29-1 番町ハウス
代表: 八木 健
設立: 1998年1月7日
契約資産額: 3,801億円(2020年9月末現在)
※外貨建資産は1ドル=105円で評価
出資者数: 不明
最低投資額: 1000万円
※私募ファンド
利回り: 年利数%~20%
手数料: 申込手数料:上限3.85%
信託報酬:純資産総額に対して上限 年率2.31%
実績報酬:運用益の22%(ハイウォーターマーク方式、設定されているファンドのみ)
信託財産留保金:上限0.3%
連絡手段: 問い合わせフォームなど
公式サイト: https://www.bayview.co.jp/index.html

ベイビュー・アセット・マネジメントは、投資信託・投資一任の運用を行う財務局に登録された金融商品取引業者約90社(不動産関連除く)の中の1社であり、独立系マルチ・ブティックハウス(専門店型運用会社)です。

ベイビューアセットマネジメントの投資の始め方

ベイビューアセットマネジメントの契約の流れ
  1. 公式サイトから連絡
  2. 面談にて説明を受ける
  3. 投資先のファンドを選ぶ
  4. 書類の準備・締結をして入金する
  5. 運用開始

まず問い合わせをして面談で説明を受けます。

関東圏であれば半蔵門にある本社の応接室で面談してもらいましょう。

その場で契約することも可能ですが、他の投資先と比較検討することをお勧めします。

納得して投資をする場合には、契約書の記入と捺印をして、口座開設及び指定口座へ入金します。

商品によって手続きの流れや手数料などが変わりますので、しっかり確認するようにしましょう。

目論見書、商品説明書、信託約款および契約締結前交付書面に記載があるので必ず目を通します。

投資金額は1000万円以上という大きな金額になるため、事前に振込上限金額を上げておくとスムーズに行きます。

金融機関の窓口で振込を行う場合は、説明を求められることもあるので注意しましょう。

ベイビューアセットマネジメントの解約の仕方

解約したい場合には、ベイビューアセットマネジメントに解約の旨を届け出ましょう。

商品にもよりますが、信託財産留保金として0.3%が差し引かれて手元に戻ってきます。

タイミングとしては、原則として2週間前に通知することで翌月の1日、15日の近い日付に払戻がされます。

五条編集長
五条編集長
商品にもよりますが、私募ファンドとしては解約通知から入金までは早いと言えます。

ベイビューアセットマネジメントの運用益(配当)の税金について

まずベイビューアセットマネジメントでの投資は、個人と法人のどちらも可能です。

法人の場合は法人税計算の解釈によって結果が変わるので、会計士や税理士の先生に相談して正しく納税しましょう。

個人の場合はベイビューアセットマネジメントでの運用益については分配時や償還時に利益に対して20.315%が徴収されます。

分配金:配当所得として課税、普通分配金に対して20.315%

換金及び償還:譲渡所得として課税、換金(解約)時及び償還時の差益(譲渡益)に対して20.315%

商品によって異なることもあるので、まずは面談時に確認しましょう。

さらに税理士の方とも相談したりして、正しく納税するようにする必要があります。

五条編集長
五条編集長
面談を受けたときには、最終的に手元に現金でいくら残るのかを確認しましょう。

ベイビューアセットマネジメントについての補足

最後に、ベイビューアセットマネジメントについて説明しきれなかった部分を補足します。

ベイビューアセットマネジメントの顧客構成について

ベイビューアセットマネジメント 顧客 内訳

ベイビューアセットマネジメントの3657億円の契約資産額の内訳は、上の図のようになっています。

ほとんどが大口であることがわかります。

なので個人投資家に対してゴリゴリ営業してくるわけではなく、問い合わせがきたら対応するという形になります。

相談には乗ってくれますが、ベイビュー側からのきめ細やかな提案やフォローを期待すると不一致があるかもしれませんので気をつけましょう。

ベイビューアセットマネジメントの運営について

ベイビューアセットマネジメント 運営 構成

ベイビューアセットマネジメントは独自の運用部隊と、提携先の運用部隊があります。

提携先は海外のヘッジファンドで、運用手法も株や債権など多岐にわたります。

受賞歴が華々しいファンドもありますが、そういった受賞歴だけを見るのではなく、実際の直近のパフォーマンスや今後の予測を確認しましょう。

実績がある=今後の利回りが高いというわけではないので、今後も自分の狙ったようなリターンが得られそうかというのはしっかり判断する必要があります。

ベイビューアセットマネジメントの投資のまとめ

ベイビューアセットマネジメントのまとめ
  • ベイビューアセットマネジメントは独立系運用会社
  • ベイビューアセットマネジメントの私募ファンドには1000万円から投資可能
  • ベイビューアセットマネジメントの総合評価は星3.0(5段階中)
  • パフォーマンスは商品によって異なるが年利数%~20%

本記事では、リターン・リスクなど6つの観点からベイビューアセットマネジメントの投資について評価しました。

さらにベイビューアセットマネジメントが提供する私募ファンドの実際の投資方法や解約についてお伝えしました。

参考になりましたでしょうか?

歴史がある会社なので、信頼感はあります。

ただ、個人投資家として私募ファンドを活用するのは、最低投資額などのハードルがあります。

数千万円単位の余剰金があって、まとまったお金での資産運用先を考えているのであれば、1度面談して他の投資先と比較検討してみるのが良いでしょう。


ベイビューアセットマネジメントの評価をもう一度見る